ハイドロプレーニング現象creativeCommons rachdian

ハイドロプレーニング現象

  • 最終更新:

ハイドロプレーニング現象とは、濡れた路面を高速で走るとタイヤと路面の間に水の膜ができてグリップがなくなり、まるで水の上を滑っているかのようにハンドルやブレーキが利かなくなる現象のこと。水膜現象ともいう。一度に大量の降雨に見舞われたり、あるいは水はけの悪いサーキットなどで発生することが多い。

ハイドロプレーニング現象で120kmkからスピン

F1マシンの動画ではないが、ハイドロプレーニング現象が起こるとどうなるかがよくわかる映像。グリップがゼロになるわけなので、ドライバーとしては恐怖以外の何物でもない。