ロス・ブラウンcopyright Official BlackBerry Images

ロス・ブラウン

  • 最終更新:

人物データ

名前
ロス・ブラウン / Ross Brawn
国籍
イギリス
出身地
ランカシャー
生年月日
1954年11月23日 / 62歳

ロス・ブラウンとは、過去にメルセデスやホンダ、フェラーリなどでチーム代表を努めたイギリス人レースエンジニアのこと。エンジニアとしてというよりかは、チームを率いる立場の人間としての方が有名だろう。ベネトンで1回、フェラーリで6回、ブラウンGPで1回の、計8回のコンストラクタータイトルを獲得している大物中の大物。

2014年に不穏な雰囲気の現れてきたメルセデスGPを離脱し引退を発表した。F1への復帰を完全否定しての引退ではなく、度々フェラーリやマクラーレンへの復帰が噂されたりしていたが、2016年にF1に大株主になったリバティ・メディアの意向を受けて、モータースポーツ担当マネージングディレクターに就任。最高現場責任者。

主なキャリア

1978年
ウィリアムズのメカニックに
1987-89年
アロウズへ移籍。ブラウンがF1マシンのデザイン・主任設計をした数少ない時期。
1991年
シーズン途中でベネトンのテクニカルディレクターに就任。同年ミハエル・シューマッハが加入。伝説のコンビ誕生!
1994年
1994年、95年にシューマッハが2年連続のワールドチャンピオンを獲得。95年にはベネトン初のコンストラクターズタイトル獲得。戦術マスターとしての才能が開花。
1997年
前年フェラーリに移籍したシューマッハとジャン・トッドからの要請でフェラーリに移籍
1999年
16年ぶりのコンストラクターズタイトルをフェラーリにもたらす
2000-04年
シューマッハのドライバーズチャンピオンとコンストラクターズチャンピオンの2冠を達成
2006年
引退を表明
2008年
ホンダのチームプリンシパル兼チーム代表に就任
2009年
前年12月に撤退を発表したホンダから株式を買取り3月にブラウンGP・F1チームを設立。そのままドライバーズチャンピオンとコンストラクターズチャンピオン獲得。
2010年
メルセデスにチームを売却し、メルセデス・グランプリのチーム代表に就任
2013年
メルセデスチームからの離脱を発表
2014年
2月、F1からの引退を発表。しばらくは釣りを楽しむのだそう。
2017年
F1のモータースポーツ担当マネージングディレクターに就任

戦術マスターの異名

2004年フランスGP、シューマッハはフェルナンド・アロンソ(ルノー)に前を塞がれていた。アロンソと同じ作戦を続けると彼を抜くことができないと判断し、4ストップ作戦への変更を決決定。シューマッハの2回目のピットストップで給油量を減らしてペースを上げ優勝。戦術マスターとしての名声は、ミハエル・シューマッハが2連覇を果たした丁度この頃についた。

F1を知り尽くした男

シニア・マネージャーを務めた4チームでグランプリ優勝を果たすというF1史上類のない経歴の持ち主。整備士からキャリアを始め、F1での36年間に、機械工、エアロダイナミシスト、主任デザイナー、テクニカル・ディレクター、レーシング・ストラテジスト(戦略家)、チーム代表など、ほぼあらゆる職種を経験。 F1マシンの仕組みだけではなく、レギュレーションのグレーゾーンをすり抜ける亊などを含め、F1というゲームを誰よりもを知りつくしていると言えるだろう。