トークン(パワーユニット開発)copyright HONDA

トークン(パワーユニット開発)

  • 最終更新:

トークンとはF1パワーユニット開発(アップデート)のために設けられた開発単位のこと。パワーユニットを42分割した各パーツごとにそのパーツのパフォーマンスへの影響度を考慮した1~3の数値を設定。42分割した全てのパーツの数値を合算すると66となる。

例えば2015年は32のトークンが割り振られており、各コンストラクターはこの32トークン分の開発を行うことができる。これは32/66≒0.48となり、パワーユニットのおよそ48%に手を入れることができる計算である。なお、年を減る毎に割り当てられるトークン数は段階的に減少していく。つまり、徐々にPU開発は凍結されていく仕組みとなっている。

各年毎の使用可能トークン数

2015年
32トークン(PU全体の48%)
2016年
25トークン(PU全体の38%)
2017年
20トークン(PU全体の30%)
2018年
15トークン(PU全体の23%)
2019年
3トークン(PU全体の5%)
2020年
3トークン(PU全体の5%)