青旗 / ブルーフラッグcreativeCommons =IcaruS=

青旗 / ブルーフラッグ

  • 最終更新:

青旗ブルーフラッグとは、後方から速いマシンが近づいていることを走行中のマシンに対して知らせるために振る旗のこと。文字通り青い色をした旗を振る。ブルーフラッグを振られたマシンは、後方マシンの為に進路を譲らなければならない。ここ最近のF1ルールだと、ブルーフラッグが提示されてから3区間以内に進路を譲らなくてはならならず、無視するとペナルティの対象となってしまう。

カモーン!!!ブルーフラッグ!!

コンマ数秒の先頭争いをしているドライバーにとっては、如何にタイムロスなく周回遅れを追い抜いていくかが大きく順位を左右する。そのためレース中にはオフィシャルに対し「速くブルーフラッグを出せ!」と怒りを露わにするドライバーや、ブルーフラッグが提示されているにも関わらず中々道を譲らないドライバーに講義する場面が頻繁に登場する。そんなドライバーの筆頭はセバスチャン・ベッテル。「Come On! Blue Flag!!」と連呼する彼の声が無線で鳴り響くことは珍しいことではない。

ブルーフラッグなんか知ったこっちゃねぇぜ!

ただTVなどで観戦していると、誰に対してブルーフラッグが振られているのかよくわからんので、ドライバーも「ん?俺?誰?」みたいな感じになりはしないかと思ってしまうのだが、実際の所どうなんですかドライバーの皆さん?

16年シーズンでは、ハースのエステバン・グティエレスがブルーフラッグが提示された際のアクションについて度々批判を浴びており、ブルーフラッグのあり方について疑問の声が相次いだ。2016年シーズン当初のレギュレーションでは以下のように規定されている。

As soon as a car is caught by another car which is about to lap it during the race the driver
must allow the faster driver past at the first available opportunity. If the driver who has been
caught does not allow the faster driver past, waved blue flags will be shown to indicate that he
must allow the following driver to overtake.
via : FIA FORMULA ONE WORLD CHAMPIONSHIP

そこで、批判の声を受けたFIAはこのルールを見直すことを決定。シーズン中に改定を行ったのだ。ルール見直し後のブルーフラッグ提示までの流れは以下のようになる。事前警告が発動されるのと、チームに対してドライバーが道を譲る旨の指示を義務付けたところがポイント。

  1. 後方マシンとの差が3秒以内の場合にオフィシャルが警告を発動
  2. 警告を受けると、チームはドライバーに道を譲るよう指示
  3. ブルーフラッグが提示