サードドライバーcreativeCommons Red~Cyan

サードドライバー

  • 最終更新:

サードドライバーとは、F1においてはテストドライバーを意味し、レースには出走せずマシン開発に携わるドライバーのことを指す。ただし、リザーブドライバーと兼任していることが多いので、レギュラードライバーが病気や怪我をした際にはレースに出走することがある。

サードドライバーの歴史

  • 2003年、テスト制限を受け入れたチームが金曜フリー走行前の特別フリー走行にレギュラードライバーの他に3人目のドライバーを走らせることができるようになったのが始まり。。
  • 2004年~2006年までは前年のコンストラクターズ順位5位以下のチームが金曜フリー走行にサードドライバーの使用が許可された。
  • 2007年より全チームがサードドライバーの使用が可能となった。

上の写真はBMWザウバー・サードドライバーだったころのセバスチャン・ヴェッテル。