リザーブドライバーcreativeCommons Diego R.

リザーブドライバー

  • 最終更新:

リザーブドライバーとは、レギュラードライバーが怪我や病気などでレースに出られないとき、代わりに参戦するドライバーのこと。サード(テスト)ドライバーと兼任していたりすることが多い。

リザーブドライバー次代の小林可夢偉

小林可夢偉は2008年にTOYOTAのリザーブドライバーに起用され、2009年日本GPで負したティモ・グロックに代わりブラジルGPでデビューした。

レギュラードライバーの代わりにレースに出走するには公式予選を走っていることが条件。可夢偉はフリー走行には出ていたが、公式予選はグロックが走っていたため日本GPでデビュー!にはならなかった。