フォーメーションラップcreativeCommons Gregory Moine

フォーメーションラップ

  • 最終更新:

フォーメーションラップとは、モータースポーツにおいて決勝スタート前にマシン全車がコースを1周すること、及びその周回のことを指す。ローリング・ラップ、パレード・ラップとも言う。マシンを蛇行させタイヤを温めようとしたり、ブレーキを強く踏むことでブレーキの効きを良くさせようとする光景が見られる。

観戦している側としてはその光景や音を聞いてテンションがあがり、一番ドキドキする瞬間である。フォーメーションラップ中は追い越し禁止であり、マシントラブルが発生して走行できなかったりした場合は、原則としてそのマシンはピットレーンスタートとなる。この場合、当該マシンのグリッドは詰めたりせずに空けておく。フォーメーションラップを終え、スターティンググリッドに着き、シグナルが消えるとレーススタートとなる。

フォーメーションラップを終えてマシントラブルが発生したら?

無線その他の手段を用いて、当該車両はオフィシャルにその旨を伝達する。オフィシャルの確認が行われると、再度フォーメーションラップとなる。ただし、細かな規則についてはその時のレギュレーション、カテゴリなどによって異なる。