• 最終更新:

ドライとは、降雨などがなくコースの路面が乾いている状態のこと。濡れているコンディションのことをウエットという。

コンディションに応じたレースタイヤ

タイヤはマシンと路面とをつなぐ唯一の要素であり、どんなに最高のエンジンと車体を用意したとしても、タイヤがしょぼければ速く走ることは決して出来ない。タイヤには”縁の下の力持ち”という言葉がピッタリ当てはまるわけだが、路面状況によって最適なレースタイヤは異なってくる。

ドライコンディションにおいて最適なパフォーマンスが発揮できるよう開発されているのがドライタイヤで、ウェットコンディションでパフォーマンスが出せるように作られているのがウェットタイヤ(レインタイヤ)である。