パディ・ロウcopyright williamsf1.com

パディ・ロウ

  • 最終更新:

人物データ

名前
パディ・ロウ / Paddy Lowe
国籍
イギリス
出身地
ナイロビ/ケニア
生年月日
1962年04月08日 / 54歳

パディ・ロウは、イギリス出身のレースエンジニアであり、2013年から2017年までメルセデスの最高技術責任者を、2017年からはウィリアムズの同職を務めている人物。ナイジェル・マンセル、アラン・プロスト、ミカ・ハッキネン、ルイス・ハミルトン、ニコ・ロズベルグらが成し遂げた計8回もの世界タイトル獲得に貢献してきた実績を持つF1界の著名なエンジニアである。

主なキャリア

ウィリアムズ時代 1987年–1993年

1984年にケンブリッジ大にて工学の学位を取得し卒業、87年にウィリアムズの電子工学のトップとしてF1でのキャリアをスタートさせた。主にアクティブサスペンションの開発に携わり、92年にはナイジェル・マンセル、93年にはアラン・プロストのワールドチャンピオン獲得に大きく貢献した。

マクラーレン時代 1993年–2013年

ウィリアムズでの6年の勤務の後、93年に研究開発部門のトップとしてマクラーレンへ移籍し、98年、99年のミカ・ハッキネンの世界タイトル獲得に尽力。2001年にシステム開発部門トップに就任、2005年には同チームを離脱したエイドリアン・ニューウェイに替わってエンジニアリング・ディレクターとなった。

2008年にはルイス・ハミルトンのワールドチャンピオン獲得の大きな立役者となる。2011年に最高技術責任者となった後、2013年にマクラーレンでの20年ものキャリアに別れを告げ、ウィリアムズの元株主であるトト・ウォルフとともにメルセデスへと移籍した。

メルセデス時代 2013年–2017年

3年連続のコンストラクタータイトル、ルイス・ハミルトンの2度目、3度目のワールドチャンピオン、そしてニコ・ロズベルグのキャリア初のワールドチャンピオン獲得に貢献。2016年までとなっていたメルセデスとの契約を更新せずに同チームを去り、古巣のウィリアムズへと移籍する。2015年にはこれまでの数々の功績が認められ、英国の王立工学アカデミーのフェローに選出された。

ウィリアムズ時代 2017年–

2017年に最高技術責任者兼、取締役としてウィリアムズに移籍。