モニシャ・カルテンボーンcopyright sauberf1team.com

モニシャ・カルテンボーン

  • 最終更新:

人物データ

名前
モニシャ・カルテンボーン / Monisha Kaltenborn
国籍
インド
出身地
デラドゥン
居住地
スイス
生年月日
1971年05月10日 / 46歳

モニシャ・カルテンボーン、インド出身のザウバーF1チームのチーム代表兼CEO(Chief Executive Officer最高経営責任者)。2012年、F1の歴史において女性として初めてF1チーム代表に就任した。2012年の鈴鹿での日本GPで、小林可夢偉が3位表彰台を獲得したときは、まるで我が子を誇りに思う母のように涙していたのが印象深い。

法務の専門知識を生かし7年に渡ってザウバーのCEOを務めた後、F1アゼルバイジャンGPを直前に控えた2017年6月22日に同チームを離脱した。公式発表では、会社の将来の方向性に対するオーナー側との見解の相違が理由とされるが、一説にはパスカル・ウェーレインとマーカス・エリクソンの扱いに関して、オーナー側との対立があったものと見られている。

夫はジェンス、2002年に長男を、そして2005年に長女を出産、ヨガとテニスとオペラ鑑賞が趣味の2児の母である。カルテンボーンはインド出身ながらもオーストリアに移住し、ウィーン大学を卒業したグローバルな人物。幼少期の夢は宇宙飛行士になることだったと言う。男性階級社会の欧州モータースポーツ界で主導的な役割を果たしてきたことは賞賛に値する。

主なキャリア

1996年
ロンドン・スクール・オブ・エコノミクスで国際ビジネス法学修士号を取得
1998年
フリッツ・カイザー・グループ (Fritz Kaiser) で企業間法務取引を担当していた際、同社が株式を保有していたザウバーに関わる
2000年
ザウバーの法務部長に就任
2001年
ザウバーの取締役に就任
2010年
BMWがザウバーから撤退。ザウバー・モータースポーツAGのCEOに就任
2012年
ペーター・ザウバーよりチーム株式の1/3を譲渡されチーム代表に就任
2016年
ロングボウ・ファイナンスがザウバーを買収、代表留任も創設者ペーター・ザウバーはチームを離脱
2017年
チーム代表及びCEOを退く