• 最終更新:

人物データ

名前
松崎淳 / JUN Mastuzaki
国籍
日本

松崎淳とは、ブリヂストンのチーフ・エンジニアを務めたタイヤエンジニア。2011年ブリジストンがF1から撤退しタイヤサプライヤーがピレリに変更。これに際し、松崎はフォース・インディアに加入し同チームのシニアタイヤエンジニアに就任した。

主な経歴

大学在学中に本田宗一郎の著書に影響を受けF1での仕事を志す。当時F1参戦の計画を持っていたブリジストンに新卒入社。大学で物理を先行していた松崎は、ブリジストンでタイヤ設計に携わりながら、スチュワートGPやフェラーリといったF1チームを担当。2010年を以ってF1からの撤退を発表したブリジストンを辞め、2011年にフォース・インディアに加入。

フォース・インディアのようなプライベーターは、空力開発に掛けられる予算が多くない。そこで、莫大な予算を必要とする空力開発によってマシン能力を向上させるのではなく、タイヤへの理解を深めることによってマシン能力を向上させるという小規模チームならではの生き残りをかけた戦略を、松崎の同チーム加入の背後にみることができる。それ故その責任は重大であり、チームの行く末の多くが松崎にかかっていると言える。