ディートリッヒ・マテシッツcopyright www.redbull.com/

ディートリッヒ・マテシッツ

  • 最終更新:

人物データ

名前
ディートリッヒ・マテシッツ / Dietrich Mateschitz
国籍
オーストリア
出身地
スティリア
生年月日
1944年05月20日 / 73歳

ディートリッヒ・マテシッツとは、オーストリア出身の実業家であり、世界的な大富豪。栄養ドリンク販売会社レッドブル社の創業者の一人。総資産は軽く1兆円以上。

P&Gでマーケティングの仕事をしていたときに、出張先のタイで時差ボケに効果があるという飲み物”Krating Daeng(クラティンデン:赤い水牛の意)“と出会う。1987年には、タイで栄養ドリンク販売を行っていたチャリアオ・ユーウィッタヤーとともに、レッドブル社(Red Bull GmBH)を設立。現在では市場の40%を占める世界的なブランドになっている。

F1参入

1980年代後半
当時F1ドライバーだったゲルハルト・ベルガー(オーストリア出身)のスポンサーについたのが始まり。
1995年
ザウバーチームの運営に加わり、レッドブル・ザウバー・ホールディングで株式51%を所有。
2002年
ザウバーチームの持ち株を売却。
若手ドライバー育成プログラムを立ち上げる。
2004年
フォード社からジャガー・レーシングチームを買い取る。
2005年
レッドブル・レーシングチームとして参戦。
2006年
ミナルディを買収してスクーデリア・トロ・ロッソをレッドブル・レーシングのジュニアチームとして参戦。

マーケティングのスペシャリスト

マーケティング、とりわけ広告戦略において優れた手腕を持つ。有名人を起用するなど従来型のアプローチではなく、スポーツ競技やアスリートのスポンサー活動に重きをおき、なかでもモータースポーツやエクストリームスポーツに大きく力を入れている。

露出嫌い

あまり公に姿を現す事はなく、F1のレースデーもほとんど顔を出さない。どうやらテレビでのレース観戦を好むらしい。露出を嫌うあまり、彼の記事を掲載しないことを条件に、オーストリアの社会誌『Seitenblicke(ザイテンブリッヘ)』を買い取ってしまったほど。Redbullの公式サイトwww.redbull.com/内もよーく探さないと顔写真が出てこない。