コリン・コレスcreativeCommons Morio

コリン・コレス

  • 最終更新:

人物データ

名前
コリン・コレス / コリン・コレス
国籍
ルーマニア
出身地
ティミショアラ
生年月日
1967年12月30日 / 49歳

コリン・コレス、ヒスパニア・レーシングの元チーム代表を務めていたルーマニア出身のF1実業家・歯科医。過去これまでに、いくつかのF1チームで代表や監督、マネージング・ディレクターといった職を務めてきた。2014年7月からは小林可夢偉が所属していたケータハム・F1チームのアドバイザーとして働いていた。出身はルーマニアだが、ドイツ国籍も所持している。

「トラブル解決屋」の異名を取るなど、その正体は謎に包まれている。コレスの絡む所トラブル不可避、と言ったところであろうか。彼が関わるチームは尽く破滅の道を歩み、その先にあるのは身売り話ばかりだ。

主なキャリア

1985年
ドイツでラリーを始める
2000年
F3チームを共同設立。1年でドイツで最も成功したチームになり、メルセデスのファクトリーバックアップを獲得
2003年
トムス・トヨタのために2つ目のチームを設立。投資会社のミッドランドグループを率いるアレックス・シュナイダーと出会う。
2005年
1月にミッドランドがジョーダングランプリを買収、マネージング・ディレクター兼チーム代表に就任
2007年
スパイカーに買収されるも、引き続きマネージング・ディレクター兼チーム代表。
2008年
今度はフォース・インディアに買収される。さらに引き続きマネージングディレクター兼チーム代表を務めるが、同年11月代表を解任。この年ユーロF3のコレス・アンド・ハインツ・ユニオンチームを共同で立ち上げている。
2009年
フォース・インディアのファクトリーで働いていたが、10月末にチームを離れる。
2010年
開幕直前にカンポス・グランプリのチーム代表に就任。開幕時にチーム名はヒスパニア・レーシング・F1チームと改名。
2011年
今度はHRT F1に改名。この年の12月チーム代表を解任され、チームを去る。
2014年
ケータハム・F1チームのアドバイザー。

2017年6月21日に欧州メディアが一斉に報じたところによれば、ザウバーF1チームを離脱したモニシャ・カルテンボーンの後任に、コリン・コレスの名前が上がっているという。

コリン・コレス豆情報

  • 2013年にはトト・ヴォルフを電話で脅迫。エクレストンに仲裁された。
  • 2015年からF1参入を目指す「フォルツァ・ロッサ」に関わっていたが、立ち消えした