マリア・デ・ヴィロタcopyright marussiaf1team.com

マリア・デ・ヴィロタ

  • 最終更新:

人物データ

名前
マリア・デ・ヴィロタ / María de Villota Comba
国籍
スペイン
出身地
マドリード
生年月日
1980年01月13日
没年月日
2013年10月11日 / 享年33歳
身長
162cm
体重
56kg
WEBサイト
ivillota.wix.com

マリア・デ・ヴィロタ・コンバとは、スペイン人女性レーシングドライバー。得意料理はレモンパイ。2012年にマルシャF1チームのテストドライバーに就任、同年ダックスフォード飛行場での空力テスト中にチームのサポートトラックに激突し、右目を失う。翌年の2013年10月11日、講演のために訪れていたセビリア市内の宿泊先のホテルの一室で亡くなっているのが発見された。検視によると死因は自然死。享年33歳。

父親に元F1ドライバーのエミリオ・デ・ヴィロタ、弟にレーシングドライバーのエミリオ・デ・ヴィロタ・ジュニアをもつ。

主なレーシングキャリア

  • 2001年…スペインF3でキャリアをスタート
  • 2005年…フェラーリチャレンジヨーロッパに参戦
  • 2008年…ユーロシリーズ3000に参戦
  • 2009年…スーパーリーグ・フォーミュラーに参戦
  • 2012年…マルシャF1チームテストドライバーに就任
  • 2012年…テスト中に事故にあい右目を失う

ダックスフォード飛行場での事故

この事故は、直線空力学的テスト終了後、彼女がメカニックのところに戻ろうとしたときに発生した。伝えられているところでは、マシンが突然加速してチームのトラックに衝突したということである。事故の原因については、2012年7月16日にマルシャF1チームがその声明の中で、内部調査によりマシンは事故原因ではなかった、と発表している。

マリア・デ・ヴィロタは、ニュートラルボタンを押すことを忘れており、冷えたタイヤとブレーキによって、ローギアで750馬力で前進するマシンを止めることに苦労していたとされているvia : マリア・デ・ヴィロタ、事故は“ミス”が原因か 【 F1-Gate.com 】