キミ・ライコネンcopyright formula1.com

キミ・ライコネン

  • 最終更新:

人物データ

名前
キミ・ライコネン / kimi Raikkonen
国籍
フィンランド
出身地
エスポー
ニックネーム・愛称
アイスマン
生年月日
1979年10月17日 / 37歳
身長
175cm
体重
71.5kg
選手権優勝
1回
WEBサイト
www.kimiraikkonen.com

キミ・ライコネンは、フィンランド・エスポー出身のレーシングドライバー、2007年のF1ワールドチャンピオン。本名は、キミ・マティアス・ライコネン(Kimi-Matias Räikkönen)。そのモデル並みのルックスで女性ファン多数。彼女達はライコネンがいるという理由でF1を観るという。

謎に満ちた私生活

兎角メディア嫌いで知られるライコネン、その表情は常に変わらず、F1界随一のポーカーフェイスの持ち主だ。TwitterやFacebook等のSNSアカウントを一切所持せず、プライベートと仕事とを完全に切り分けており、その私生活は謎に満ちている。

ライコネンは、2004年フィンランド人モデルのジェニー・ダールマンと結婚するも2013年に離婚、その後元客室乗務員のミントと再婚し2015年に長男ロビンを授かる。第一子誕生後の2016年にイタリアで挙式を挙げ、翌17年に第二子となる長女リアンナ・アンジェリア・ミラナが生まれた。

主なキャリア

  • 2000年:フォーミュラ・ルノーチャンピオン
  • 2001年:ザウバーからF1デビュー。デビュー戦で6位入賞
  • 2002年:マクラーレンに移籍。ランキング6位
  • 2003年:第2戦マレーシアGPで初優勝。ミハエル・シューマッハと最終戦までチャンピオンを争うも2ポイント差でランキング2位
  • 2004年:この年マシンの信頼性に恵まれず。ベルギーGPで1勝。ランキング7位
  • 2005年:シーズン7勝。フェルナンド・アロンソとチャンピオン争いを繰り広げるも、ランキング2位
  • 2006年:信頼性も競争力も劣るマシンでシーズン未勝利。ランキング5位
  • 2007年:フェラーリに移籍。シーズン6勝。最大26ポイント差を跳ね返し、最終戦ブラジルGPで大逆転。ついにワールドチャンピオンに!
  • 2008年:シーズン3勝。ランキング3位
  • 2009年:シーズン1勝。ランキング6位。この年並行してWRCデビュー 第9戦ラリーフィンランドに出場した
  • 2010年:WRCに転向。シトロエン・ジュニアチームからフル参戦
  • 2011年:自身のチーム「ICE 1 Racing」を立ち上げ、プライベーターとしてWRCに参戦。並行してNASCARにも出走
  • 2012年:F1復帰。ロータスF1チームから参戦
  • 2014年:古巣フェラーリに移籍。フェルナンド・アロンソとの元ワールドチャンピオンコンビ

キミの伝説

嫌いな飲み物はコーヒー。当時所属していたマクラーレンのスポンサーにネスカフェが決定した際、その発表会の場で「僕はコーヒーが嫌いだ」と言ってのけた。via : ライコネン・エピソード | @Kimi

さすがである。。