デビッド・クルサードcopyright DavidCoulthardF1

デビッド・クルサード

  • 最終更新:

人物データ

名前
デビッド・クルサード / David Marshall Coulthard
国籍
イギリス
出身地
スコットランド/トゥインホルム
ニックネーム・愛称
DC
生年月日
1971年03月27日 / 46歳
身長
182cm
体重
74kg
@therealdcf1
WEBサイト
www.davidcoulthard.co.uk

デビッド・マーシャル・クルサードとは、イギリス出身の元F1ドライバー。2008年にレッドブル・レーシングを最後にF1を現役引退。現在はにBBC(英国放送協会)のF1解説を行っている。AMGのブランドアンバサダーも務めている。

英国紳士

様々な噂やゴシップの多いF1界において紳士的であったクルサード。F1で茶飯事であったチームメイト同士の不仲説もなく、関係もは良好であったという。レッドブル時代には、「札付き」マーク・ウェバーとも2年間うまくやっていた。現在はジェンソン・バトンにその地位を譲っている・・・

主なキャリア

1989年
ヨーロッパにおけるジュニア・フォーミュラの代表格であるフォーミュラ・フォードに参戦。
1991年
イギリスF3に参戦。ルーベンス・バリチェロとのチャンピオン争いの末ランキング2位となる。
英国の優秀な若手レーサーに贈られる「ポール・ワーウィック記念杯」の初代受賞者となる。
1993年
ウィリアムズのテストドライバーとなる。
1994年
アイルトン・セナが第3戦サンマリノGPで事故死し、その代役としてF1デビュー。
しかし第7戦と第14戦以降シーズン最終3戦のシートは、ナイジェル・マンセルに譲る。
1995年
チームメイトのデイモン・ヒルを凌ぐ速さを見せ、第13戦ポルトガルGPでは初優勝。
1996年
マクラーレンに移籍。
1997年
開幕戦オーストラリアGPで優勝。チームにとっては4シーズンぶりとなる。
1998~2003年
チームメイトは~2001年までミカ・ハッキネン、2002年~キミ・ライコネンをチームメイトに迎える。
2004年
当時F1参戦初年度のレッドブル・レーシングに移籍。開幕から3戦連続でポイントを獲得。
2008年
F1引退。最終戦はレーススタート直後にリタイア。
2009年
レッドブル・レーシングとスクーデリア・トロ・ロッソのアドバイザー兼テストドライバー。
BBCのコメンテーターも務める。
2010年
ドイツツーリングカー選手権(DTM)に参戦。
2012年
ドイツツーリングカー選手権(DTM)引退。