マリオ・イゾラcopyright pirelli.com

マリオ・イゾラ

  • 最終更新:

人物データ

名前
マリオ・イゾラ / Mario Isola
国籍
イタリア
出身地
ミラノ
居住地
イタリア
Twitter
@mario_isola
Facebook
@mario.isola.12

マリオ・イゾラは、ピレリのヘッド・オブ・カーレーシングとしてピレリF1の現場を統括する責任者。1996年からピレリ在籍しており、テストドライバー、研究開発部門などを経てモータースポーツ・レーシング・マネージャーを務めた後、前任のポール・ヘンベリーが南米地区の統括責任者に昇格したことを受けて新たに同職に就任した。

主なキャリア

イタリアのミラノに生まれミラノ工科大学で学んだ後、市販車タイヤのテストドライバーとしてピレリに就職。その後研究開発部門に異動となり、低抵抗タイヤと冬用タイヤの開発に携わっていた。

GTカー専用タイヤの設計に携わったのをきっかけにレーシング部門に参加。FIA GT選手権でピレリのスポーツカーのマネージャーとなり2005年にはチャンピオンシップを獲得。2010年にはGP3を担当し、2011年にはF1、GP2、GP3全般を管理するレーシングマネージャーに就任。そして2017年にピレリのF1部門のヘッド・オブ・カーレーシングに就任した。