フラットスポットcreativeCommons Grant.C

フラットスポット

  • 最終更新:

フラットスポットとは、急ブレーキなどでタイヤがロック(回転が止まってしまうこと)した際に地面と接触したタイヤの一部分が摩擦により削られ、タイヤが平面になってしまうこと。

部分的に平らになってしまったタイヤで走るともちろんガタガタします。そのまま走り続けるとタイヤは勿論、サスペンションも振動(バイブレーションともいいます)によって破損することも。オーバーステアになり、挙動も乱れ、ものすごく運転しずらくなります。タイムも落ちる・・・

一度フラットスポットができると、同じところでタイヤがロックしやすくなり,更にフラットスポットが悪化。。。といいことなし。

TV中継でもスローVTRの際にフラットスポットが見えることも!実際自分で見えるとプチ興奮しマス。

2005年ヨーロッパGP・ライコネンのクラッシュ

2005年ヨーロッパGPのファイナルラップ。レース中盤に周回遅れのマシンをパスする際、ライコネンはタイヤを激しくロック。その時右フロントタイヤにフラットスポットをつくり、そのせいでマシンにかなりの振動が。そしてサスペンションアームが破損しクラッシュ。