デグラデーションcopyright formula1-data.com

デグラデーション

  • 最終更新:

デグラデーションとは、走行することで生じるタイヤの性能劣化のこと。当然新品タイヤの方が性能が高く、周回数を重ねるにつれてタイヤはどんどん劣化し性能低下していく。略して「デグラ」とも呼ばれる。

デグラデーションは、サーキット・路面温度・ドライバーの運転スタイル・マシン特性等の影響を受ける。熱の影響によるデグラデーションのことをサーマル・デグラデーションと呼ぶ。デグラーデーションレートとは、”劣化の程度”を意味するが、実際には1週あたりどの程度タイム低下するか?という観点で使われる。「このサーキットのデグラデーションレートはコンマ3秒」などのように使われる。

ピレリのデグラは酷い?

2011年シーズンのピレリタイヤはデグラデーションが大きくドライバーからも不満の声が上がっていた。これはショーをよりエキサイティングなものにするために、オーガナイザー側からそのようなタイヤを開発するよう要求されたからだとされているが、ある方面からは「そもそもピレリには…」なんて声も聞かれたり、その真相はなぞである。

デグラデーションが大きく出るサーキット

一般にタイヤへの入力が大きいサーキット、激しい横方向への負荷がかかる高速サーキットなどがこれにあたる。