オンボードカメラcopyright Tim Trueman

オンボードカメラ

  • 最終更新:

オンボードカメラとは、車載カメラのこと。マシンの上部やノーズ部分に搭載される。

少し変わった場所をあげると、後ろ向きに設置されたバックオンボードやリアサスペンションを捉えるもの、足元のペダルワークを映したもの(F1内視鏡by古館)などがある。カメラ重量は1kg前後あり、カメラが搭載されていない車にも同様の形と重さのダミーを載せることで公平性を保っているとのこと。

リアルな走行ビュー!

多くのオンボードカメラの場合、カメラはマシン上部に設置されており実際のドライバー目線よりかなり広域を見渡せる。「俺はリアルなドライバー目線での映像が見たいんだよ!」そんなあなたのためにルーカス・ディ・グラッシが、自分の片目にカメラを装着しバルセロナを走行した動画をアップしてくれた。

F1 2010やF1 2011などのリアルF1ゲームをやったことのある人ならば、その走行ビューが如何に低く視野の狭いものかご存知だと思うが、実際上の動画を見る限りにおいても、「一体どうしてこんなにもコースが見えない状態で時速300kmを超える速度で走れるのだろう??」と、改めてドライバーたちの凄さを思い知らされるような内容となっている。