• 最終更新:

ICEとは、燃料を燃やして動力を得る内燃機関のことであり、一般にはエンジンと呼ばれているもののこと。

いわゆるパワーユニットを構成する5大要素のひとつである。2014年に旧来の自然吸気エンジンに代わってF1に導入されたパワーユニットは、ICEとエネルギー回生システムなどから成る総合的エネルギー供給システムであり、これをエンジンと呼称するには実態とかけ離れてしまうため、これ以降エンジンのことをICEと呼ぶようになった。

ICEはインターナル・コンバッション・エンジン(internal-combustion engine)の略であり、直訳すると内部燃焼機関となる。

ICEの仕様

ICEはレギュレーションで以下の仕様であることが定められている。2013年までF1で使われていたV8エンジンは18,000回転/分に制限されていたのに対し、14年以降のICEは15,000回転/分と回転数が抑えられている。

排気量
1.6リットル
最大回転数
15,000rpm
バンク角
90度
気筒数
6気筒
最大燃料流量
100kg/時
最小重量
145kg