• 最終更新:

Fダクトとは、ドライバーが手動で意図的にダウンフォースを減らしストレートでの速度アップを狙ったシステム・デバイスのこと。

2010年マクラーレンがMP4-25に採用しその合法性をめぐって議論が起こったが、結局FIAがOKサインをだしたことで他のチームも実装し始めた。当時のマクラーレンはストレートで+時速10kmのアドバンテージがあったようだが、安全性への懸念などもあり”手動でダウンフォースを調整するシステム”が2011年に禁止されFダクトは消滅したかに思われた。しかし2012年にレギュレーションの隙を突いて”手動で操作しない”Fダクトシステムが生まれた。

Fダクトの名前の由来

多くのチームのFダクトは、コクピット内にあるトリガーをドライバーが膝で操作することで起動していたようだ。ドライバーが足(Foot)で操作するから“Fダクト”って呼ばれるようになったなんて話もある。当初マクラーレンの中ではこのFダクトを「RW80」という名前で呼んでいたのだとか。

2010年の各チームのFダクト

各チームによってFダクトの仕組みは大きく異る。

ザウバーの場合はシャークフィンがリアウイング本体に接続されていて、マクラーレンとは逆にリアウイングへの気流を加速させてダウンフォースを増加させることを狙っていると言われてる。つまりザウバーの場合は、ストレート走行時はダクトを閉じてFダクトの機能をオフにすることでスピードを得ることになる。

メルセデスGPのFダクトはリアウイングのスロットを通して、高速域で空気を“はじき飛ばす”タイプのものらしい。つまりドライバーが操作するのではなく、”自動的に”動作させるタイプになっている。

フェラーリのFダクトはコックピット脇の穴を左手の甲で塞ぐカタチで操作するもの。ちょっと危険なんじゃないという意見も。

ちなみにレッドブルの鬼才エイドリアン・ニューウェイは、ドライバーがダウンフォースを操作することへの安全性に懸念を示している。

2012年のFダクトコンセプト

前述のように、2012年メルセデスはFダクトの仕組みを採用した新しいパッケージを搭載した。

メルセデスGPのフロントウイングに搭載されたFダクト
Original: ©auto-motor-und-sport.de

このシステムはドライバーが手動で操作することなしに自動的に行われるのでレギュレーションにはひっかからない。

メルセデスAMGはこのFダクトの原理を使ったパッケージをフロントウィングとリアウィングに実装し、それぞれ「Wダクト(Fダクトフロントウィング)」「Fダクトリアウイング」と呼ばれている。Wダクトによってマシンのトップスピードが時速8km、Fダクトリアウイングによって時速18Kmも増加すると言われている。