• 最終更新:

カーナンバーとはFIAによって定められた各マシン固有の番号、平たく言えば車体番号のこと。マシンの特定の場所に掲示する決まりになっている。

2013年までの番号振り分けルール

カーナンバー「1」番は前年のワールドチャンピオンに与えられ、そのチームメイトがカーナンバー「2」を付ける。「3」番以降は前年のコンストラクターズランキング順に与えられる。なお「13」は欧米では縁起が悪いとされる為欠番。

前年度ドライバーズチャンピオンが不在のときは、前年度コンストラクターズタイトル獲得チームが「0」と「2」をつける。例えば2010年のカーナンバー1はジェンソン・バトンだから2はそのチームメイトであるハミルトンとなる。

car number f1 photoPhoto by JiteshJagadish

2014年以降の番号振り分けルール

その年ごとに変更となってしまうカーナンバー制度では、毎年お気に入りのドライバーが何番なのかを覚えなおさなくてはならないため、ファンから不評であった。そのため2014年以降は、各ドライバーに固定の番号を振り分けることでこれをカーナンバーとすることになった。つまりドライバーは、F1キャリアを終えるまで一度決定した番号をずっと使い続ける。

なお、カーナンバー「1」は前年のタイトルを制したドライバーが任意で選択できる。

引退ないしはF1を離れたドライバーのナンバーの扱いは?

規約上、2年連続でF1に参加しなかった場合そのカーナンバーは失効となる。

例えば、小林可夢偉は2014年にカーナンバー10でケータハムから参戦していたが、2015年はスーパーフォーミュラに参戦。2016年中までにF1にカムバックすればカーナンバー10を引き続き使うことができるが、そうでない場合には2017年から失効となってしまう。

主なドライバーとそのカーナンバーの理由

自身のレースキャリアにちなんだ番号を付けるドライバーが多いようだ。ふむ、納得。意味不明なのはマルドナド師匠位なものである。

カーナンバー3
ダニエル・リカルド
キャリアで初めてつけた番号
カーナンバー5
セバスチャン・ベッテル
2010年初めてワールドチャンピオンを獲得した時の番号
カーナンバー6
ニコ・ロズベルグ
妻ヴィヴィアン・シボルトと父ケケ・ロズベルグのラッキーナンバー
カーナンバー7
キミ・ライコネン
2013年につけていた番号をそのまま。
カーナンバー8
ロマン・グロージャン
2008年に付き合い始めた妻マリオン・ジョレスの誕生日12月8日にちなんで
カーナンバー9
マーカス・エリクソン
不明。カートキャリアをスタートさせた時の番号。
カーナンバー10
小林可夢偉
ティモ・グロックの代役としてF1デビューした時の番号
カーナンバー11
セルジオ・ペレス
カート時代によく使用
カーナンバー12
フェリペ・ナスル
不明
カーナンバー13
パストール・マルドナド
謎。西洋の忌み数を敢えて…
カーナンバー14
フェルナンド・アロンソ
カートで優勝した時の番号
カーナンバー19
フェリペ・マッサ
本人のラッキーナンバー
カーナンバー22
ジェンソン・バトン
2009年自身初のワールドチャンピオンに輝いた時の番号
カーナンバー26
ダニール・クビアト
誕生日にちなんで(4月26日)
カーナンバー27
ニコ・ヒュルケンベルグ
本人の誕生日8月19日の月と日を足した数
カーナンバー33
マックス・フェルスタッペン
カート時代の番号
カーナンバー44
ルイス・ハミルトン キャリアで初めてつけた番号
カーナンバー55
カルロス・サインツJr.
本当は5が良かったけどベッテルが…
カーナンバー77
バルテリ・ボッタス
「Valtteri Bottas」「Val77eri Bo77as」