ハースF1チームcopyright haasf1team.com

ハースF1チーム

  • 最終更新:

チームデータ

チーム名
ハースF1チーム
国籍
アメリカ
本拠地
バンベリー / イギリス
参戦初年度
2016年
Twitter
@HaasF1Team
Facebook
@haasf1team
Instagram
@haasf1team
WEBサイト
www.haasf1team.com

ハースF1チーム(Haas F1 Team)とは、2016年にFIAFormula1世界選手権に新規参戦したアメリカ合衆国のレーシングチームのこと。NASCAR・スプリントカップシリーズに参戦しているスチュワート・ハースレーシングの創設者であるジーン・ハースによって創設された。

本拠地はアメリカ合衆国ノースカロライナ州カナポリス、ヨーロッパの拠点は以前マルシャF1チームが使用していたイギリスバンベリーのファクトリー。フェラーリとの提携によりエンジンやギアボックスなど構成パーツの多くを提供されており、実質フェラーリのBチームと言われている。

HaascreativeCommonsf1superracer

F1参戦の初戦オーストラリアGP

2016年3月に開幕したオーストラリアGPでなんとロマン・グロージャンが6位入賞を果たす。レッドフラッグのおかげでフリーストップになった幸運もあるが、19位でスタートし6位でフィニッシュは立派な結果である。

開発ドライバーはモナコ国籍のチャールズ・レクラークとアメリカ国籍のサンティノ・フェルッチ。チャールズ・レクラークはフェラーリ・ドライバー・アカデミーに加入するとともフェラーリとハース両チームの開発ドライバーを務める。チーム代表のギュンター・スタイナーはレッドブルF1チームで技術責任者を務めた人物。スタッフの多くは過去にマルシャやフェラーリなどで働いたことのある経験者。オーナーのジーン・ハースの人柄も加わりチームの雰囲気はいいらしい。