AFコルセcopyright afcorse.it

AFコルセ

  • 最終更新:

チームデータ

チーム名
AFコルセ
国籍
イタリア
本拠地
ピアチェンツァ
参戦初年度
1995年

AFコルセとは、2002年にレーシングドライバーであったアマト・フェラーリによって設立されたレーシングチームで、マセラティとフェラーリに縁が深い。2013年現在、ル・マン・シリーズ、FIA-GT1世界選手権、インターナショナルGTオープンなどに参戦している。ちなみに設立者のアマト・フェラーリは、フェラーリ創設者のエンツォ・アンゼルモ・フェラーリとも自動車メーカーであるフェラーリとも関係ない。

小林可夢偉が2013年にAFコルセからWEC(世界耐久選手権)に参戦することが発表されている。

名前の由来

AF」はアマト・フェラーリ(Amato Ferrari)のイニシャルで、「コルセ=Corse」はイタリア語で「競争・レース」を意味している。 つまり日本語に訳すと「アマト・フェラーリのレーシングチームだよん」ということになる。アマト・フェラーリについては、英語版WikiPediaにもあまり情報がなくよくわからない。。

主なレーシング活動

2004年
マセラティMC12でFIA-GTに参戦
2006年
フェラーリF430でGT2クラスに参戦
2010年
ジャン・アレジとジャンカルロ・フィジケラのF1コンビを起用
2012年
フィジケラ&ジャンマリア・ブルーニのコンビがWEC初代チャンピオンを獲得

AFコルセオフィシャルウェブサイト