《数字で見るF1》2017年シーズン前テストの総合結果をグラフで振り返るcopyright HondaRacingF1

《数字で見るF1》2017年シーズン前テストの総合結果をグラフで振り返る

  • 公開日時:

2017年F1第1戦オーストラリアGPに向けたシーズン前テストがすべて終了した。計8日間のテストの総合結果を数字とグラフで振り返りながら今シーズンの行方を占っていく。

総合タイムと使用タイヤ

カタロニア・サーキットのコースレコードは2008年にキミ・ライコネン(フェラーリ)が叩き出した1分21秒670。奇しくも今回のシーズン前テストで最速を記録したのもライコネンで、その差は3秒036。昨年2016年のテスト1での最速は、フェラーリのセバスチャン・ベッテルが記録した1:22.810。昨年の最速タイムと比較してライコネンのタイムは4秒176も速い。2017年マシンは昨年型に比べて1周あたり5秒速くなる、というのはほぼ現実のものであると言える。

Pos Driver Team Best Time Lap
1 キミ・ライコネン フェラーリ 1:18.634 365
2 セバスチャン・ベッテル フェラーリ 1:19.024 591
3 バルテリ・ボッタス メルセデス 1:19.310 628
4 ルイス・ハミルトン メルセデス 1:19.352 468
5 フェリペ・マッサ ウィリアムズ 1:19.420 414
6 マックス・フェルスタッペン レッドブル 1:19.438 347
7 カルロス・サインツ トロ・ロッソ 1:19.837 307
8 ニコ・ヒュルケンベルグ ルノー 1:19.885 314
9 ダニエル・リカルド レッドブル 1:19.900 337
10 セルジオ・ペレス フォース・インディア 1:20.116 349
11 エステバン・オコン フォース・インディア 1:20.161 365
12 ジョリオン・パーマー ルノー 1:20.205 283
13 ランス・ストロール ウィリアムズ 1:20.335 386
14 ダニール・クビアト トロ・ロッソ 1:20.416 277
15 ケビン・マグヌッセン ハース 1:20.504 369
16 ロマン・グロージャン ハース 1:21.110 346
17 ストフェル・バンドーン マクラーレン・ホンダ 1:20.348 235
18 フェルナンド・アロンソ マクラーレン・ホンダ 1:20.389 190
19 マーカス・エリクソン ザウバー 1:21.670 445
20 パスカル・ウェーレイン ザウバー 1:22.347 192
21 アントニオ・ジョビナッツィ ザウバー 1:22.401 151
22 アルフォンソ・セリス フォース・インディア 1:23.568 71

2017年フェラーリのキミ・ライコネン
©F1 今年はキミから目が離せない!

何かと騒ぎの中心にいたウィリアムズのランス・ストロールは、テスト1では数々のクラッシュを披露したものの、テスト2では一変し順調に周回を重ねた。チームメイト間で最もタイム差が大きかったのはこのウィリアムズで、その差0.915秒であった。

チーム別総周回数

8日間での各チームの総周回数では、メルセデスが圧巻の1096周、総距離5102kmを記録した。これは10位マクラーレン・ホンダの約2.6倍の距離を走り込んだ計算である。

Pos Team Lap(周) Distance(km)
1 メルセデス 1096 5102
2 フェラーリ 956 4450
3 ウィリアムズ 800 3724
4 ザウバー 788 3668
5 フォース・インディア 785 3654
6 ハース 715 3328
7 レッドブル 684 3184
8 ルノー 597 2779
9 トロ・ロッソ 584 2719
10 マクラーレン・ホンダ 425 1978

パワーユニット別総周回数

テスト1でこそフェラーリPUに遅れを取ったメルセデスであったが、全日程を終えてみれば最も走行距離を稼いだのはやはりメルセデスPUであった。テスト2では、ランス・ストロールがクラッシュなしに走りきったのが返り咲きの要因だ。

Pos Power Unit Lap(周) Distance(km)
1 メルセデス 2681 5102
2 フェラーリ 2459 4450
3 ルノー 1865 3724
4 ホンダ 425 807

なお、ホンダ以外のPUサプライヤーは各々3チームにパワーユニットを供給しているため、その部分は補正して考える必要があるが、メルセデスはホンダの6.3倍もの距離をシーズン前テストで走り込んでいる。複数チームへの供給ができていないデメリットはかなりの痛手と言える。


開幕戦となる第1戦オーストラリアGPは、日本時間3月24日(金) 10:00からフリー走行が、そして3月26日(日) 14:00から決勝が行われる予定となっている。