《インディ500ハイライト動画》佐藤琢磨が歴史に名を刻んだ伝説の1戦copyright IMS

《インディ500ハイライト動画》佐藤琢磨が歴史に名を刻んだ伝説の1戦

  • 最終更新:

日本人としてのみならず、アジア人として初めて世界三大レースの1つであるインディ500で優勝した佐藤琢磨。琢磨は”no attack, no chance”の信念を貫き、13台がリタイヤを喫した難しいレースで終始果敢に攻め立てた。チェッカーフラッグを受けた時、2位エリオ・カストロネベスとのギャップは0.2011秒だった。琢磨は、ラスト3周で起こったインディ500で3度の優勝経験を持つカストロネベスとの壮絶なバトルを制し、日本モータースポーツ界の歴史に名を刻んだ。

「チームの皆にはいくら感謝しても感謝しきれない。(チームを指して)見てみてよこの最高の仲間達を。めちゃめちゃ厳しいレースだったけど、エリオは本当にフェアにドライブしてくれた。僕は彼を信頼していたんだ。本当に最高のレースになった。なんて素晴らしいレースだったんだろう。観客のみんなが楽しんでくれていたら良いな」レースを終えて琢磨の口から出た言葉は”感謝”とファンへの”気遣い”であった。

ラスト10周のカストロネベスとの一騎打ちのシーンを含む3分33秒のハイライト動画を紹介する。

ダイジェスト版ではなくレースの全てをご覧になりたい方は、琢磨優勝のインディ500 再放送日程を参照されたい。