もはやクレイジー!公式が琢磨優勝のインディ500決勝フル動画(4時間15分)を無料公開copyright indycar

もはやクレイジー!公式が琢磨優勝のインディ500決勝フル動画(4時間15分)を無料公開

  • 最終更新:

先日Indycar公式が、佐藤琢磨が優勝を果たした2017年インディ500の激闘の模様を30分に凝縮したハイライト動画を公開した、と報じたが、北米最高峰レースの親玉は想像以上にクレイジーだった。今度はハイライトではなく、レース全編を収録した”フルバージョン”を無料でYoutubeにアップしてしまったのだ。太っ腹なんてもんじゃない。

公開された映像は、ウォルト・ディズニー傘下のスポーツ専門チャンネル”ESPN”が実際に放送したものとなっており、4時間15分32秒に渡って第101回インディアナポリス500のレースを堪能できるようになっている。もちろん英語での放送であり、日本語ではないので要注意。

前回も申し上げたのだが、当然のことながら村田晴郎氏が狂い叫ぶような実況を繰り広げ、解説の松田秀士、松浦孝亮の両氏が言葉を詰まらせたGAORA SPORTSのフルバージョンの方が圧倒的に楽しめることは言うまでもない。両者の間には、”越えられない壁”がそびえ立っている。

日本ではマイナーなレースとして扱われてきたインディ参戦経験を持つ松田秀士と松浦孝亮のラスト数周の無言。インディ500で勝利する事の重みと価値を知っている彼らならではの張り詰めた沈黙。それまでは居酒屋トークのようなざっくばらんだった雰囲気が一変し、急にスタジオ内に緊張が走ったあの空気感。残り後1周を告げるホワイトフラッグが振られ、それまで琢磨の優勝については意識的に言葉にしようとしなかった村田晴郎が勝利を確信し発した狂気にも近い興奮。優勝を目の当たりにした3人の、言葉に出来ない想いと空白。

フルバージョンとて、見るべき価値としてはGAORA版とは比較するレベルにない。GAORA SPORTSさんには全編ノーカットでのDVD発売をお願いしたい。再放送も見たのだが、赤旗のシーンが削られていたりして、臨場感が失われてしまっている。なんと勿体ない事か。。なおGAORAでは、6月2日(金)と7月13日(木)に再放送がおこなわれる予定となっている。

流石にフリーミアムの本拠地はやることが違う。とは言え、今回の動画公開はビジネス的に見れば実に正しいマーケティング施策だと思われる。インディーカーの市場価値が大幅に上がることは間違いないのではないだろうか。