F1ハンガリーテスト《1日目》順位結果:跳ね馬シャルル・ルクレール最速、2番手バンドーンcopyright ScuderiaFerrari

F1ハンガリーテスト《1日目》順位結果:跳ね馬シャルル・ルクレール最速、2番手バンドーン

  • 公開日時:

8月1日(火)に行われた2回目のF1インシーズンテストで、来季F1デビューが噂されるフェラーリのシャルル・ルクレールが1分17秒746をマークし初日テストのトップタイムを記録した。ソフトタイヤを履いたルクレールは、セッション終了2分前にストフェル・バンドーンが記録した最速タイムを1000分の88秒更新、計98周を走りきった。

走行を終えたルクレールは、ファステストラップは嬉しいものの、テストにおいてはあまり重要な意味を持たないと言ってのけた。

2番手タイムを記録したのはマクラーレン・ホンダのバンドーン、途中パワーユニットの周りのオイル漏れトラブルによりガレージで長い時間を過ごしセッション終了1時間半前にコースに復帰、ウルトラソフトタイヤに履き替え1分17秒896をマークし計72周を走破した。

マクラーレン・ホンダ「新エンジンを評価、オイル漏れトラブルは深刻ではない」

3番手にはピレリの18年タイヤ開発に招集されたメルセデスのバルテリ・ボッタスが、そして4番手にはW08を初めて走らせたジョージ・ラッセルがボッタスから0.5秒落ちの1分19秒231で続いた。

体調不良のフェリペ・マッサに代わって初日テストを担当したランス・ストロールがこの日最多となる137周を走り5番手、ヨーロッパF3に参戦中のニキータ・マゼピン(フォース・インディア)が6番手という結果だった。レッドブルのテストを担当したマックス・フェルスタッペンは10番手、エンジントラブルにより午前中の走行を棒に振った。

1日(火)のハンガロリンクは、気温35℃路面温度55℃を超える厳しい暑さとなった。この日フォース・インディアは2人のドライバーを走らせたが、その他のチームは1人体制でテストに臨んだ。

明日2日(水)のマクラーレン・ホンダは、バンドーンに代わって未来のF1王者候補ランド・ノリスが、フェラーリはキミ・ライコネンとセバスチャン・ベッテルのレギュラー組が、ザウバーからは日本人ドライバーの松下信治が、そしてルノーにはロバート・クビサが登場する。

ハンガリーテストの詳細については、F1ハンガリーテスト日程と担当ドライバーを参照されたい。

順位タイムと周回数

Pos Driver Team Time Gap Laps
1 シャルル・ルクレール フェラーリ 1:17:746 98
2 ストフェル・バンドーン マクラーレン 1:17:834 0.088 72
3 バルテリ・ボッタス メルセデス 1:18:732 0.986 155
4 ジョージ・ラッセル メルセデス 1:19:231 1.485 119
5 ランス・ストロール ウィリアムズ 1:19:866 2.120 138
6 ニキータ・マゼピン フォース・インディア 1:19.910 2.164 52
7 ニコラス・ラティフィ ルノー 1:20:302 2.556 54
8 ショーン・ゲラエル トロロッソ 1:20:341 2.595 101
9 ルーカス・アウアー フォース・インディア 1:20.563 2.817 54
10 サンティノ・フェルッチ ハース 1:21:185 3.439 102
11 マックス・フェルスタッペン レッドブル 1:21:228 3.482 58
12 グスタフ・マルジャ ザウバー 1:21:503 3.757 108