初日トップのフェラーリ期待の星ルクレール「最速タイムにあまり意味はない」F1ハンガリーテスト《初日》copyright ferrari.com

初日トップのフェラーリ期待の星ルクレール「最速タイムにあまり意味はない」F1ハンガリーテスト《初日》

  • 公開日時:

スクーデリア・フェラーリのハンガリーテスト初日を担当したシャルル・ルクレールは、初めてのSF70Hを巧みに操り、ソフトタイヤでこの日最速となる1分17秒746を記録した。走行を終えたルクレールは、ファステストを記録したことは嬉しいが、テストの最速タイムはあくまでの相対的なものであり、大きな意味はないと言い放つ。

ファステスト・タイムは良いことだけど、テストにおいてはその重要性は相対的なものでしかないんだ

先日のハンガリーGP予選で、スーパーソフトタイヤのセバスチャン・ベッテルが記録したポールタイム1分16秒276とのギャップは1.47秒、両タイヤコンパウンドのタイム差が約0.8秒であることを考慮すると、ルクレールとベッテルのタイム差は僅か0.7秒であったと考えられる。

コンディションは異なるが、仮にルクレールがハンガリーGP予選を走っていた場合、これはダニエル・リカルドに次ぐ7番手タイムに相当する。フェラーリ育成ドライバーのルクレールはその才能を遺憾なく発揮し、世界のモータースポーツ関係者の度肝を抜いてみせた。

F1ハンガリーテスト《1日目》順位結果

今回初めて今季F1マシンを操縦したルクレールは、普段乗っているF2マシンとは別物だと語り、マシンやドライビング以外にも多くの事を学んだという。

「普段F2を走ってる僕からすると、SF70Hのドライブは最高に楽しかったよ。まるで別の世界の乗り物だね。幅広タイヤとダウンフォースがアップした今季のF1マシンに乗るのは初めてだったんだけど、素晴らしい感触だったよ」

「ガレージでの作業からも多くの事を学べたよ。フェラーリのエンジニアは世界でもトップレベルだし、彼らと一緒に仕事ができて本当に良かった」

今季F2を圧倒的な強さでリードし、来季のザウバーシートが確実視されつつあるルクレールだが、現時点ではF1はまだ”夢”のままであり、夢の実現のためにはまだ多くのやるべき事がある、と慎重だ。

「F2の後半戦前にハッピーな夏休みを過ごせそうだね。今のところF1は夢に過ぎないよ。まだやるべき事があるし、今回のテストは1つのステップに過ぎないって分かってるさ

明日2日(水)は、ルクレールに代わってレギュラードライバーのセバスチャン・ベッテルとキミ・ライコネンがフェラーリのテストを担当する。

F1ハンガリーテスト日程と走行ドライバー