PC、iPadからリアルタイムでF1観戦ができると話題の「Formula 1 on ZUME」を試してみたよ

PC、iPadからリアルタイムでF1観戦ができると話題の「Formula 1 on ZUME」を試してみたよ

  • 最終更新:

Formula 1 on ZUMEとは、2013年にZUME社(イギリス)が提供していたF1レース生中継配信サービスのこと。2014年現在ではフジテレビNEXT smartにてネットからのリアルタイムF1視聴が可能だが、当時F1の生放送を試聴するためには、CS放送のフジテレビNEXTを契約する他には方法がない状態で、Zume F1はPCやiPadからF1をリアルタイム視聴するサービスであった。ただしサービス提供はわずか1年で終了。日本においては、ソフトバンクの子会社であるTVバンクと提携して、2013年7月26日にサービスを開始。

以下その時のレビューを残しておきます。

気になるお値段

シーズンパス
10レース3000円(第10戦ハンガリーGPから最終戦ブラジルGPまでの全てのレース)
レースパス
1レース500円(どれでも好きなレースを1レースごとに購入)

となっており、フジテレビNEXTの視聴料2300円~/月を考えるとかなりリースナブル。なお、決勝レース終了後28日間はアーカイブ映像が視聴出来ます。

決済方法

iPad
アプリ内課金
パソコン
PayPal、Yahoo!ウォレット(2013年8月以降対応予定)

Androidがないのが残念ですね。課金するとiPad、パソコンのどちらからでも視聴できるようですが、同時視聴は不可となってます。

閲覧できる映像

  • テレビ放送用の国際映像
  • オンボードカメラ(計9台カメラ映像の中から1台ないしは2台を選べる)
  • ピット映像
  • ハイライト映像
  • OCB Mix(オンボード映像とその他映像)

と、合計20チャンネルが用意され、この内最大3チャンネルを同時視聴できるようになっています。あとは、ライブタイミングやトラックポジション、タイヤの使用履歴などもチェックすること可能とのこと。

映像の質は?どんな感じで見れるの??

というわけで完Fでは今回、PCからPayPal経由で決済してみました。以下PCから閲覧した場合のレポートです。

基本ビュー

Formula 1 on Zume 基本ビュー

ペレスが事故ってます。ネット回線を使用したストリーミングなので、当然テレビ放送レベルの画質は期待出来ませんが、まあまあといったところ。

コースポジションパネル

Formula 1 on Zume コースポジションビュー

ペレスが這い出てきます。画面右下のアイコンパネルをクリックすると、各種パネルが閲覧出来ます。アイコンパネルの一番左をクリックするとコースポジションパネルが表示され、各ドライバーのコース上での位置のほか、天候、路面温度などの情報が確認できるようになります。

なおこのパネルですが、表示位置が動かせないので常に映像の上に重ねて表示されることになり、パネルを起動したまま映像を見るにはうっとおしく、是非とも改善していただきたいトコロ。

Formula 1 on Zume コースポジションビュー2

パネル右上の矢印ボタンをクリックすることで、パネルサイズを「大」「小」の二段階で変更が可能。パネルサイズが「小」だとすべての情報が表示されないのですが、「大」にするとご覧のとおり映像が全く見えないという状況に。。

ドライバーパネル

Formula 1 on Zume ドライバービュー

左から2番めがドライバーパネル。所属チーム、F1参戦数、チャンピオン獲得数、年齢、今シーズンの順位と獲得ポイント、現在の順位などが確認できます。

Formula 1 on Zume ドライバービュー大

パネル「大」の時の見え方。

ライブタイミングパネル

Formula 1 on Zume ライブタイミングビュー小

左から3番めがライブタイミングパネル。所属チーム、F1参戦数、チャンピオン獲得数、年齢、今シーズンの順位と獲得ポイント、現在の順位などが確認できます。

Formula 1 on Zume ライブタイミングビュー大

ライブタイミングパネル「大」の時の見え方。ライブタイミングなんかは、それこそ常に表示させておきたいところなのですが、映像にかぶってしまうのでそうもいきません。おーい…

カメラパネル

「すべての映像」「オンボード」「国際映像」「ピット映像」と4種類にカテゴライズされており、それぞれのカテゴリー毎に各映像のサムネイル画像が表示されます。

Formula 1 on Zume カメラパネル

さて、ZUMEの売りの一つが最大3チャンネルを同時視聴できる、というものですが、マルチビューの際の見え方はというと…

Formula 1 on Zume カメラパネル2画面

2チャンネル同時視聴時の様子。

Formula 1 on Zume カメラパネル3画面

そしてこれが3チャンネル同時視聴時の様子。ちなみにそれぞれの映像をクリックすると、それがメイン映像になって大きく表示されます。映像表示場所・映像の大きさについては自由に操作することはできません。

「Formula 1 on ZUME」は実用に耐えるの??

さて以上簡単にレビューして来ましたが、実際にハンガリーGPをZUME F1から観戦してみましたのでその評価を。

良い点
  • 1レース300円(シーズンパスの場合)でフリー~決勝まですべてを見られる
  • 1レースのみの視聴も可能(レースパス)
悪い点
  • 各情報パネルを開きながらの視聴は難しい(映像にかぶる)
  • 多チャンネル同時視聴の場合、各映像ごとの同期がとれていない(オンボードと国際映像が30秒近くずれていたりする)
  • オンボードの映像名と実際の映像が一致しないことが多々有(キミのオンボードを選んでもベッテルの映像だったり…)

パネル表示に関するUIの不親切さと、映像毎の同期がとれていない点、そして映像名と実際の映像が一致しない点についてが最も気になりました。というか、、

~順位やドライバー情報、マシンの現在位置が分かるコースマップもリアルタイムに表示~via : TV Bank

プレスリリースで、上記のように言ってしまっているのは問題だなーと思います。まあ、同期とるのが難しいのは分かるんですけど、あれじゃリアルタイムとは言えないですよ。

実際のトコロ、そこかしこに問題があって「一応色んな機能は提供するけど、提供するだけで、それが快適かどうかは保証しないよ~」みたいな感じになってしまっている感は否めません。手抜き工事のような公式サイトの印象そのままです。このサイトひどく不親切なつくりですよね。。

結構CPUパワー使いますし、回線も度々途切れたりしますし、肝心なところで画質が粗すぎてよく見えなかったり、CS放送とのタイムラグがあったり、それこそUIに基本的な問題をかけていたりと、挙げていけばキリがありませんが、まあなんにしても1レース300円てとこが最大の売りですよね。安かろう悪かろうといったところでしょうか。

個人的に言えば、シーズンパスを購入して損はなかったなーと思います。レーススタート30分前くらいから視聴できるので、現地に行ってレースがはじまるのを今か今かと待っているような、そんあ妙な感覚が味わえるのが意外とミソです。でもまあ「悪い点」に挙げた3箇所くらいは早々に対処して頂きたいですね。

あと注意点としては、ドライバーパネル「大」のところにレース結果が表示されちゃってますので、レース結果を知らずにノンリアルタイムで観戦する場合には注意が必要です。また、CS放送に比べて20~30秒ほど遅延があるようですので「CS見ながらZUMEでオンボードみるぜ!」なF1ファンも気をつけましょう。

なお、レース解説はZUME独自の英語版しかありません。川井ちゃんの解説聞きたい人はCSを契約しましょう。

http://www.zumef1.com/ja/