改良版のPU投入は困難か?ホンダF1長谷川「”間違いなく”厳しいレースになる」 / F1カナダGP2017《preview》copyright mclaren.com

改良版のPU投入は困難か?ホンダF1長谷川「”間違いなく”厳しいレースになる」 / F1カナダGP2017《preview》

  • 公開日時:

カナダGPの舞台となるジル・ヴィルヌーヴ・サーキットは、ストレートとタイトなコーナーだけで構成された典型的な”ストップ・アンド・ゴー”のサーキットであり、トラクションの良さとブレーキング時のスタビリティー、そして何よりエンジンパワーが勝利の鍵を握っている。

ホンダF1は、エンジンパワーの向上を目指したアップデートをカナダで投入すべく準備を進めてきたが、時間的な制約から実際に導入できるかどうかは不透明な状況だと伝えられており、そのタイムリミットは刻一刻と迫ってきている。

このような状況の中、ホンダF1の総責任者を務める長谷川祐介は、今週末のF1カナダGPがマクラーレン・ホンダにとって厳しいレースになるのは”間違いない”と語る。

ホンダ:F1カナダGPに向けて

長谷川祐介ホンダF1プロジェクト総責任者

「我々にとってカナダグランプリはいつも特別なレースです。カナダはF1の中で最も活気に満ちた人気の高いカレンダーの1つであり、ここには素晴らしい雰囲気があります。ファンの皆さんは毎年このグランプリを待ち望んでいてくれています。それに、HONDAカナダの同僚達からの温かいサポートあります」

「ジェンソンがモナコで一時復帰した後、マクラーレン・ホンダにはインディ500での壮大な挑戦を終えたフェルナンドが戻ってきます。ルーキーでのインディ500優勝という彼の夢は、残念な形で終わってしまいましたが、フェルナンドは改めてその素晴らしい才能を世に示しました。彼はこの伝説的なレースの優勝候補でしたし、ベテランのオーバルレーサーの如くドライブしました。偉大な冒険を終えた彼に会えることを、私は楽しみにしています」

「ジル・ビルヌーブ・サーキットは美しい自然に囲まれたサーキットですが、エンジンパワーへの要求が厳しいコースです。私たちの強みを発揮するのは難しいでしょう。パワー・オリエンテッドな特性、ストップ・アンド・ゴー、荒い路面と長いストレート、これらの要素を考えると、今週末のレースが我々にとって困難なものになるのは疑いありません。ですが、どのような困難な問題が待ち受けていようとも、我々は前に向かって歩み続けます」


2017年第7戦F1カナダGPは、日本時間6月9日(金)23:00からのフリー走行で幕を開ける。カナダグランプリの開催日程・結果・最新ニュース・サーキットガイドなど、カナダGPに関する情報についてはF1カナダGP特設ページを参照されたい。

F1カナダGP最新ニュース一覧