F1カナダGPの舞台と歴史を速攻でおさらい《グランプリ直前動画演習》copyright FORMULA 1

F1カナダGPの舞台と歴史を速攻でおさらい《グランプリ直前動画演習》

  • 公開日時:

モナコと並びドライバーの腕が重視されるF1カナダGP。その舞台は、82年のベルギーGPで事故死した英雄の名を冠し”ジル・ビルヌーブ・サーキット”と呼ばれている。日本時間6月9日(金)23時からのフリー走行で幕を開ける2017年のF1カナダGPに先立って、公式が動画「Fast Facts」を公開した。動画を紹介しながら、F1カナダGPの舞台と歴史を速攻でおさらいしてみよう。

人工島に作られたジル・ビルヌーブ・サーキット
©FORMULA 1

ジル・ビルヌーブ・サーキットは人工の島である”ノートルダム島”に作られている。島は、モントリオールの地下鉄建設の際に出た岩で作られた。

コース上に飛び出すマーモット

島には、リス科マーモット属のウッドチャックが多く見られ、時にはドライバー達を癒やすためにすごく近くにまでやってくる。

F1カナダGPで初勝利を挙げたドライバー

ルイス・ハミルトンとダニエル・リカルドはここで初勝利を挙げた6人のドライバーの中の2人である。後の4人は、ジル・ビルヌーブ、ティエリー・ブーツェン、ジャン・アレジ、そしてロバート・クビサだ。ビルヌーブは1978年にここで最初の優勝を果たしている。

史上最長レースを演じたF1カナダGP

2011年のカナダGPは、これまでに最もレース時間が長かったF1グランプリの舞台だ。4時間4分39秒54にも渡る決勝レースを制したのはジェンソン・バトンであった。この時バトンがリードラップを刻んだのは、最終ラップの僅か1周のみ。

現役ドライバーの内、勝利を挙げているのは4人

現役ドライバーの中でカナダで勝っているのは4人。2005年にキミ・ライコネンが、2006年にフェルナンド・アロンソ、2013年にセバスチャン・ベッテル、2014年にダニエル・リカルドが勝利している。ハミルトンはここ2年連続カナダで優勝しており、通算5勝を挙げている。カナダでの最多優勝記録を保持しているのはミハエル・シューマッハ、通算7回の勝利を挙げている。

YouTubeで動画を見る

F1カナダGP最新ニュース一覧